男性も葉酸を摂取したほうがいい理由

近年では不妊に悩む女性が増えていると言われており、妊活をする人には葉酸の摂取が推奨されています。

この場合の摂取が推奨されているのは女性ですが、男性にとっても女性ほどの量ではないですが、摂取したほうが良いと考えられています。

不妊の理由の30%は男性側にあるって本当?

不妊で悩んでいる夫婦の中で、約30%ほどの原因が男側によるものと言われており、葉酸を摂取することで奇形の危険性を下げる効果があります。

精子や卵子において分裂の仕方が決定されますが、スムーズに分裂をして受精が行われれば奇形児が生れることはないと言えます。

分裂がしっかりとされずに染色体異常が発生した状態で、精子と卵子が受精すると奇形になる恐れがあります。

葉酸は卵子と同じように精子の分裂にも影響を与えるものと考えられ、積極的に葉酸を摂取しておくことで、染色体異常を回避することにつながり、健康的な赤ちゃんが生まれやすくなります。

葉酸を1日の必要であると推奨されている量を摂取していた人と、摂取していなかった人を比較したときには、染色体異常の危険性が低くなるという報告があります。

妊活中の女性は最近では意識的に葉酸を摂取するようになっていますが、男性の場合には意識をしていない人がまだまだ多いと言えます。

胎児の奇形の他にも、神経管閉鎖障害が発生する原因として、男性の葉酸の摂取不足があるという資料も存在しています。女性は1日あたりの葉酸の摂取量が多いと、受精率が高くなり、出産率や妊娠率が20%以上高くなるというデータがあります。

男性の場合には葉酸の摂取が不足していると、DNA細胞のコントロールなどが上手く働かなくなり、それによって妊娠の確率が低くなります。

このことからも、葉酸は男女共に摂取したほうが妊娠力を引き上げるために役立つと言えます。

参考情報:妊活の際は男性も一緒に葉酸を摂取したほうがいい

男性はどれくらいの葉酸を摂取したほうが良いのか?

不妊や妊活中の女性は、食事以外の葉酸サプリなどで1日あたり400μgの摂取が推奨されています。男性の葉酸摂取量は、食事以外で女性の約半分の1日あたり240μgが推奨量となります。

女性が葉酸を摂取するタイミングは、遅いときでも妊娠の1か月前あたりがベストのタイミングとして考えられていますが、男性に関しては、精子ができるまでに3か月間が必要とされているために、染色体異常などのリスクを引き下げることを意識すると、3か月前から摂取しておくことが理想的です。

不妊対策としては、毎日意識的に葉酸サプリを飲んで摂取しておくことがおすすめとなります。妊娠できない状態になっていると、女性にとって大きなストレスがかかってしまいますので、夫婦で一緒に葉酸サプリを摂取することで、妊活に協力している姿勢を示すことができます。

夫婦で一緒に葉酸を摂取することで、不妊症の女性にとって心の支えとなりますのでストレスを軽減させることにつながります。

ストレスを減らすことができれば、排卵や月経の周期や、基礎体温が安定するようになりますので、妊娠しやすい体を作ることができます。